UVインキ

UV フラッシュライト対応 墨 シリーズ

  • お問い合わせ
  • ダウンロード

 高速プリンターのトナー定着方式として、キセノンフラッシュランプによる方式と熱ローラーによる方法とがあります。このうち、熱ローラーによる定着方法の場合には耐熱性を付与した"UV RNC 墨"、"UV NVR 墨"タイプで印刷すれば、トナー印字の際のトラブルもありません。しかしフラッシュライトによる定着の場合は、フラッシュライトの出力によっては墨インキの印刷部分に劣化が認められ、ひどい場合には墨インキが変色・消失するなどのトラブルが発生することがあります。
この問題に対して『UV フラッシュNIP対応 墨』は、一般墨インキに使用しているカーボンブラックを他の顔料で代替し黒く見えるよう調整することでフラッシュライト定着時の劣化トラブルを解決しております。

その他詳細は、右上ダウンロードボタンよりPDFファイルをダウンロードして下さい。

インキ製品

pagetop