オフセット枚葉インキ

ベストワン キレイナ

  • お問い合わせ
  • ダウンロード

 T&K TOKAは、スプレーパウダー散布なしで棒積みを可能とするインキ「ベストワンキレイナ」を、次の理念に基づいて開発いたしました。
 
 1.外的エネルギーに頼らない   2.既存設備の活用   3.コストをかけない
 
 スプレーパウダーおよびその散布装置は1960年代に発明され、それから50年余あたり前のように使用されています。今日では、毎時15,000 枚を超える印刷機の高速化と両面印刷機の普及、溶剤吸収性の遅い嵩高塗工紙やファンシーペーパーへの印刷など、ますますスプレーパウダー散布は不可欠とされています。  しかしながら散布量が増えるにつれて、印刷機周りのパウダー堆積、印刷品質の劣化、印刷物へのボタ落ち増加といった問題は、今や看過できない状態にまできています。
 キレイな印刷物、キレイな加工、キレイな機械、キレイな工場の実現のために 「ベストワン キレイナ」をぜひお試しください。

特徴


◇ベストワン キレイナのパウダーレス印刷の原理◇

 

『ベストワン キレイナ』のパウダーレスを可能とする新機構は、下記の新規原料の組み合わせから構成されております。

 

①特殊ビーズ
  真球状のビーズが印刷直後に隙間を作り裏移りを防止。
  従来のスプレーパウダーの役目を担います。

 

②オリジナル特殊樹脂
  印刷直後にインキ表面を改質し、セット乾燥時間を短縮。
  皮膜表面を「ベタベタ」から「サラサラ」な状態へ改質します。

 

③特殊ワックス
  印刷直後のインキ表面の滑り性を上げ、初期耐摩擦性を向上。
  紙揃えを良くし、用紙積み替えの際の擦れを防止します。

 

④乳化抑制ワニス
  過乳化を防止し酸化重合乾燥を促進。
  上記の①~③の新素材を効率よく機能させます。

その他詳細は、右上ダウンロードボタンよりPDFファイルをダウンロードして下さい。

インキ製品

pagetop