情報セキュリティー基本方針

情報セキュリティー基本方針

株式会社 T&K TOKAは、かねてより、「Technology & Kindness」、即ち技術とまごころを企業理念とし、絶えずユーザーニーズに耳を傾け、ユーザーに役に立つ製品を開発し、よりきめ細かいサービス提供に努めてまいりました。
当社は、情報の保護についても、企業活動のひとつと捉え、情報の適切な取扱いおよび安全管理に取組むことが重要な社会的責任であると認識しております。その社会的責任を果たすため、役員、従業員が、情報セキュリティーの重要性を強く認識し、情報セキュリティー体制の整備を進め、個人情報保護法を始めとする関連法規を遵守するとともに、当社がたずさわる情報システムおよび情報資産等を過失、事故、災害、犯罪などの脅威から守るために、情報セキュリティー管理規定を定めます。TOKAグループの全役職員は、情報を厳重に保護するための取り組み、対策を継続的に実施します。

  1. 1.当社は、情報セキュリティに関する組織的かつ継続的な運用を実現するため、情報セキュリティ責任者及び情報セキュリティ委員会を設置します。
  2. 2.当社は、適切な諸施策を講じ、情報資産等に対する不正な侵入、漏えい、改ざん、紛失、破壊、利用などが発生しないよう、充分な対策を講じてまいります。
  3. 3.当社は、全ての役職員に対する教育活動を実施し、情報資産を適切に扱うことが重要な社会的責任であることを認識し、業務を遂行します。
  4. 4.当社は、内外からの監査を定期的に実施し、情報セキュリティ対策の合理性を客観的に評価するとともに、継続的な改善に努めてまいります。
  5. 5.当社は、万一情報資産等にセキュリティ上の問題が発生した場合には、その原因を迅速に究明し、その被害を最小限に止めるよう努めます。また、再発防止に努めます。

株式会社 T&K TOKA
代表取締役社長 増田 至克

CSR・環境・社会活動

pagetop