一般事業主行動計画

一般事業主行動計画(第4期)

 社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにし、女性の職業生活における活躍の推進、また、次世代育成支援について地域に貢献する企業となるため、次の行動計画を策定する。

  1. 1.計画期間 : 2016年4月1日から2019年3月31日まで 3年間
  2. 2.内容
    • 【 目標1 】2019年3月までに、子供の出生時の父親の休暇促進の実施
      • (対策)
        2016年4月~ 社内回覧にて、子供出生時の父親の休暇取得について周知・啓発の実施。 子供が生まれた父親に対して休暇取得の促進。
    • 【 目標2 】2019年3月までに、育児・介護休業法に基づく育児休業や時間外労働・深夜業の制限、雇用保険法に基づく育児休業給付、労働基準法に基づく産前産後休業などの諸制度の周知徹底
      • (対策)
        2016年4月~ 社内回覧にて、周知・啓発の実施。及び、対象となる職場への制度の以降も年1回の広報と新入社員・ 中途入社社員への周知を行う。 子育て世代の実態に合わせた短時間勤務制度の運用改善の検討・実施。
    • 【 目標3 】2019年3月までに、所定外労働時間を削減するための職場環境の整備を実施。各部署において前年の所定外労働時間総計の減少を目標とする。
      • (対策)
        2016年4月~ 各部門において所定時間外労働の原因の分析、対策を検討、実施する。PDCAを回し、効果の確認を実施、管理職に対する研修を年1回実施。
    • 【 目標4 】2019年3月まで、年次有給休暇の取得率50%を継続する。
      • (対策)
        2016年4月~ 年次有給休暇の取得率の低い部門の管理職に対する改善検討要請。
    • 【 目標5 】2019年3月までに採用者に占める女性の割合を25%以上に引き上げる。
      • (対策)
        2016年4月~ 職種を問わず女性採用できるような職場環境、体制を検討、整備。

株式会社T&K TOKA
 2016年 3月23日 計画策定

CSR・環境・社会活動

pagetop